マッサージ師の国家資格取得するなら|専門学校の選び方を知ろう

国に認められているもの

マッサージ

マッサージは、誰もができるイメージですが厳密に言えば、あん摩マッサージ指圧師のみが施術を認められています。あん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、資格を取得するには大学か専門学校で3年以上学ぶ必要があります。

Read More..

社会人でも取得は可能

タオル

マッサージ師になるためには資格を取得する必要があります。これらの資格は働きながらでも取得が可能ですので、社会人になってからでもマッサージ師を目指すことは十分に可能です。特に民間資格の場合には就職や開業サポートを受けられるメリットがあります。

Read More..

手技で症状緩和する専門家

うつ伏せになる女性

専門学校で3年学ぶ

マッサージは体の神経をほぐす効果だけでなく、ストレスも軽減させることができるので、最近ではリフレクソロジーやマッサージサロンが人気を呼んでいることもあります。その影響からマッサージの資格を取ろうとする人も増えています。マッサージの資格には国家資格が存在しています。その中の1つに、あんまマッサージ指圧師というものがあります。それはどういう資格なのかといいますと、あんまという中国から伝わった手技療法、マッサージというヨーロッパから伝わったオイルやパウダーなどを用いて皮膚を揉んでいく療法、指圧という日本発祥の指や手のひらを使って体の一部分を押しながら行う療法を備えた人が取得できるものです。あんまマッサージ指圧師を取得するためには、必ず指定されている専門学校に通わなければなりません。専門学校で3年間通い、授業と実習を受け、スキルを磨いていきます。専門学校で十分に学び、その後受験をして試験に合格すれば資格を取得することができます。その試験の合格率は80パーセントといわれており、専門学校でしっかりと学ぶことができれば、おおよそ合格することができる数字といえます。ストレスを溜め込むと神経にも影響が起こり、肩こりや腰痛など、体に不快な症状が現れてきます。その症状を緩和することができるのもあんまマッサージ指圧師の技術であり、必要とする人は数多くいます。現在、人手不足とも言われているので、資格を取得すればほぼ、職につくことができるといわれています。

専門学校を選ぶには

マッサージ

はり師やきゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師の国家資格を取るためには国から認定された学校へ3年間通う必要があります。学校を選ぶときは資料請求だけで終わらせず、体験入学などを利用してできるだけ学校の実態を見ましょう。

Read More..