ピアノを100年使う方法

音符

ピアノはメンテナンスを行えば100年以上使える楽器です。購入すると保証がついているので半年後に点検にきてくれますが、その時の調律師や業者にメンテナンスを任せるようにします。ピアノは湿気と温度に影響を受けるので、メンテナンスをしないとピアノ修理が必要になります。それを防ぐにはオーバーホールも必要です。

詳しく見る

電子ピアノのメンテナンス

子供

最近の住宅事情から電子ピアノを使う家庭が増えていますが、今の楽器店では電子ピアノ修理も受けています。電子ピアノ修理の多くは基盤交換になりますので、スムーズに修理できるかを確認してその楽器店で購入するようにしてください。

詳しく見る

ピアノを修理する必要性

ピアノ

どんな物であっても、メンテナンスは重要である。しかし、メンテナンスを怠っている方は多いのではないだろうか。家具はもちろん、特にピアノ修理で音色の変化や寿命の延長、出費を抑えることができる。大切であるだろう楽器と長くつきあうためにも、定期的なメンテナンスをして欲しい。

詳しく見る

鍵盤楽器の修理

鍵盤

ピアノ修理はピアノを全て分解しその後ゼロから組み立てる、高度な技術と専門知識が必要な職人技です。よって技術の劣る職人さんでは組みあがった後に不満が残る仕上がりとなります。注意点を参考にしてベストな業者を選びましょう。

詳しく見る

ピアノを長く使うために

音符

ピアノを長く使い続けるためには調律だけではなく修理もしなければなりません。ピアノ修理をする場合にはオーバーホールになるとアップライトピアノで40万円、グランドピアノで70万円程の費用がかかります。しかし、場合によっては部分修理で安く済ませることも出来ます。

詳しく見る

多様なサービスを選択する

鍵盤

直しやすい方法

自宅にあるピアノが壊れてしまった際は専門家に直してもらう必要があります。ピアノ修理は大きく分けて三つのサービスがあります。まずピアノそのものをお店に持って行ける場合は、店頭で修理に出しましょう。できるだけ急いで修理を済ませたい時に選択したい方法です。持ち込みの前にお店に連絡を入れて手続きを済ませるのが一般的です。また近くにピアノ修理店がない場合、宅配修理を依頼しましょう。宅配の際も電話やサイトを使ってまずは申し込みをします。品物を発送する際に身分証明書などのコピーが必要になりますから気をつけましょう。中には梱包材を提供してくれるピアノ修理店もあります。ピアノ修理で最も手間がかからないのは出張修理です。こうした手続きを踏めばスタッフがピアノを直しに来てくれますので、楽器を破損することもありません。特にピアノは大型の楽器ですから、家から出しづらいと言うケースもあるでしょう。出張修理はそうした点を心配する必要がありません。ピアノ修理サービスでは多様な問題を解決してもらえます。例えば鍵盤が動かなくなってしまったりピアノに傷がついてしまったりする場合、物理的な問題を解決してくれるのです。また楽器を演奏する上で気になるのは音色の変化です。壊れているかどうかは分からないけれど昔のような音が出なくなっていると感じた際は、ピアノ修理サービスに見てもらいましょう。ピアノ修理にかかる費用相場はその種類によって変化します。

Copyright© 2017 ピアノ修理を任せるなら信頼・実績のある業者へ All Rights Reserved.