マッサージ師の国家資格取得するなら|専門学校の選び方を知ろう

専門学校を選ぶには

マッサージ

実際に学校を見てみよう

人にマッサージを行うことは治療行為となるため、あん摩マッサージ指圧師の国家資格が必要です。あん摩マッサージ指圧師のほか治療院を経営できるのは、はり師やきゅう師、柔道整復師の資格保持者です。これらの国家資格を取るには、国が認めた専門学校や大学に通い、様々なことを学ぶ必要があります。いずれも3年制で、社会人の場合は夜学で学ぶことも可能です。学校では基礎医学と専門学を学び、卒業時に国家試験を受験してあん摩マッサージ指圧師等の資格を得ることになります。地方によっては学校が1校しかない場合や、都道府県内に1校だけのことも少なくありません。学校によっては入試で落ちてしまう可能性もあるでしょう。試験の難しさはもちろん、推薦入学で入れるかなど、しっかりと下調べします。地元の学校に入れなかった場合は、地方の学校への入学を目指すのかということも前もって良く考える必要があります。経済的不安がある場合は、奨学金の利用も考慮するといいでしょう。学校を選ぶポイントは、卒業生の資格取得率や就職率、開業率が高いかは重要点です。反対に、退学率が高い学校は問題があると考えられるのではないでしょうか。なお、卒業時に資格が取得できなくても、その後もしっかりとサポートしてくれる場合があります。そうした学校側のサポート体制も同時にチェックするといいかもしれません。パンフレットやホームページでは分からない学校の雰囲気や先生の対応、授業中の生徒の態度などが分かるのが、オープンキャンパスや体験入学です。入学してから後悔することのないように学校を見極めましょう。