ピアノを長く使うために

音符

気になる修理費用は

ピアノを長く使い続けるためには調律と呼ばれる音を調整する作業が必要になります。これは温度や湿度などによって弦が延びてしまったりして音が変化してしまうのを調整するものです。また、ピアノを長く使い続けるためにはピアノ修理も必要となります。どうしても長年使い続けていると修理しなければならない箇所も出てくるため、それを業者に依頼して修理する必要があります。しかし、そんなピアノ修理を業者に依頼する場合にはどれぐらいの費用がかかるのか気になるという人もいるでしょう。ピアノは比較的丈夫な楽器とされていますが、それでもおよそ15年ほどで修理が必要になると言われています。オーバーホールする場合にはアップライトピアノで40万円、グランドピアノの場合には70万円ほどが相場とされています。ですが、全てのピアノ修理が必ずしもオーバーホールが必要というわけではありません。場合によっては部分的なピアノ修理で十分対応することが出来る場合もあります。鍵盤が動かない、または音が出ないといった場合には一箇所につき2000円程度の費用が必要にあります。修理箇所が増えれば増えるだけで修理費用は高くなります。鍵盤ではなく弦に問題があって交換しなければならない場合にはそれよりも費用が高くなり、場所によって3000円から10000万円程の費用がかかります。ピアノ修理は業者によって費用に違いがあることも多いので、複数の業者に見積もりを依頼することが大切です。

Copyright© 2017 ピアノ修理を任せるなら信頼・実績のある業者へ All Rights Reserved.