マッサージ師の国家資格取得するなら|専門学校の選び方を知ろう

社会人でも取得は可能

タオル

働きながら学ぶ

マッサージの資格で代表的なものとしてあん摩マッサージ指圧師があります。この資格は国家資格で、年1回2月に試験が行われており、合格率は8割以上と高く真面目に取り組めば誰でも取得を目指すことができます。一方で国家資格であるためマッサージを行うためにはあん摩マッサージ指圧師の資格はハードルが高いもので、整体師やカイロプラクティック師といった民間資格もあります。これらのメリットは技術が学べるほかにも就職サポートを行っているので、卒業後のサポートから選ぶ人も多くいます。あん摩マッサージ指圧師になるためには受験資格として、大学や専門学校で3年以上学ぶ必要があります。このため費用も当然かかるわけですが、それだけの希少価値もあり資格を活かしてマッサージ師となることができるメリットもあります。また学ぶ期間が長いといっても社会人向けのコースも設けているところもあって、働きながら目指すというのは難しいといえませんが、やはり取得までの道のりが長く、難易度は高いといえます。整体師やカイロプラクティック師の場合には民間資格ですので、そのあん摩マッサージ指圧師と比べると費用は掛かりませんし比較的短期間で取得を目指すことができます。また取り扱っている場所も多くあるので、比較的目指しやすいメリットがあり、また社会人として働きながら取得することができるように通信講座となっているものも多く、取得後の就職や開業サポートも魅力といえます。