ピアノを100年使う方法

音符

定期的なメンテが必要

ピアノは湿度や温度や年数によって劣化していくので、定期的な調律や点検が必要になります。それを怠ると正しい音階が出なくなりますし、故障する原因にもなります。電気ピアノとは違って通常のアップライトピアノやグランドピアノは、専門の技術者が手作業によってピアノ修理をします。新品でも中古でもピアノを購入すると、ピアノ調律の専門家や業者を紹介してくれます。新品の場合は保証がついており、購入して1ヶ月後や半年後に点検に来てくれます。ほとんどの場合は点検に来てくれた業者や調律師に定期点検を依頼することになります。もしも故障した時はその業者や調律師に連絡すればピアノ修理をしてくれます。もしも調律師の手に負えないピアノ修理の場合は、専門の業者に連絡して派遣修理してもらうことになります。ピアノはきちんとオーバーホールしていれば100年前の製品でもきちんと演奏することができます。親の世代から孫の世代まで受け継ぐことができる楽器なのです。娘がお嫁に行く時にピアノを持たせてやることができますし、娘は自分の子どもに受け継がせることができます。このように世代を越えて演奏できるのがピアノの素晴らしい点ですが、そのためには定期的な調律、点検、オーバーホールが必要なのです。メンテナンスの中で最も大がかりなのがオーバーホールですが、故障してピアノ修理に出すよりも時間的にも料金的にも安くなります。ピアノを購入したら、メンテナンスのスケジュールを決めて守ることが大切です。

Copyright© 2017 ピアノ修理を任せるなら信頼・実績のある業者へ All Rights Reserved.